淡路島牛丼とは

豊かな自然、恵まれた風土、うまいもんの島が生んだ淡路島牛丼と云う名のありがとうの一杯がここにある。じいちゃんが愛情こめて育てあげた淡路牛。ばあちゃんがだいじい収穫した淡路玉ねぎ。とうちゃんが汗水ながして借り入れた淡路子米。かあちゃんが自慢の炊きたてふっくらおまんまに島への想いとこだわりをたっぷり注いだぬくもりの一杯。おかえりなさい、さぁ、召し上がれ。淡路島牛丼

島のソウルフード

御食国(みけつくに)として朝廷に仕え、今もなお海•山の幸に恵まれる食材の宝庫、淡路島で2008年10月に誕生した「淡路島牛丼」。淡路島名産「牛肉」「玉ねぎ」「米」と三拍子揃った自慢の食材を使用し、発売から1年で48万食、約6億9千万円を売り上げ、島内への波及効果も含めると約11億600万円の経済効果を収めるメガヒット商品となった。各店の自由な工夫を認め、お客による選択の幅を広げて「食べ歩きの楽しみ」を生んだ淡路島牛丼は、地域食材を総合的に活用し経済的価値を創出しているとして教科書にも掲載、島内の生産者に勇気と希望を与えるとともに、B級グルメならぬA級グルメ“島のソウルフード”として人気を博している。

awagyu

淡路島牛丼3つの誓い

1、 私達は、美味しい牛丼を通じて淡路島の食材の素晴らしさをお伝え致します。 2、 私達は、美味しい牛丼を提供するために牛肉・玉ねぎ・米は淡路島産を使用します。 3、 私達は、牛丼を通じて淡路島の発展に寄与することを誇りに感じ淡路島のファンを増やします。
こだわり食材

Copyright(C)淡路島牛丼プロジェクト