トップページ お知らせ

お知らせ

第10弾 淡路島牛丼 加盟店募集!!

 加盟店のご努力、関係各位のご支援ご協力をいただき、おかげさまで「淡路島牛丼プロジェクト」も本年で10年目を迎えました。
 この度、平成30年度版チラシ・ポスターを作成するにあたり、第10期新規加盟店を下記要領において募集させていただきたいと考えております。
 加盟を希望される店舗の皆様は、期間内にお申し込みをお願いいたします。

主  催  一般社団法人 淡路島観光協会
募集期間  平成30年4月25日(水)〜平成30年5月15日(火)
参加資格   仝什瀉枯島内で、飲食業を営んでいること。
または、直近に開業予定の店舗。
      ◆|枯島牛丼の定義を満たし、3つの誓い(下記参照)を守ること。
負担金  (年間) 15,000円
申し込み  申込書に必要事項を記入の上、募集期間内に下記申込先へ郵送またはFAXにてお申し込み願います。

第10弾 淡路島牛丼 募集要項

第10弾 淡路島牛丼 申込書


審  査  申込書受付の後、主催者にて、上記参加資格に適合してい
るかの審査を行います。
申込み・  〒656-0027 兵庫県洲本市港2番43番地 洲本バスセンター内
問合せ 一般社団法人 淡路島観光協会 淡路島牛丼プロジェクト事務局
(担当者 北川・松下)
TEL 0799-25-5820 FAX 0799-25-5821

※「淡路島牛丼の3つの誓い」
 一.私達は、美味しい牛丼を通じて淡路島の食材の素晴らしさをお伝えします。
二.私達は、美味しい牛丼を提供するために牛肉・玉ねぎ・米は淡路産を使用します。
 三.私達は、牛丼を通じて淡路島の発展に寄与することを誇りに感じ淡路島のファン 
を増やします。

※「淡路島牛丼の定義」 お客様に提供する牛丼には、淡路牛又は淡路ビーフ、淡路島産玉ねぎ、淡路米、以上3点を必ず使用すること。

(参 考)淡路牛とは、淡路島で生まれ育った、もしくは3カ月以上飼育した牛の総称で黒毛和種以外の和牛のほか、淡路島内で飼育されたものは全てどんな種類の牛であっても淡路牛と呼ばれます。よって国産和牛とホルスタインなどの国外品種をかけあわせた牛やホルスタイン種など国外の品種を淡路島で育成した場合もそれに含まれます。
 淡路ビーフとは、和牛の中でも最高品質の黒毛和牛種の兵庫県産牛(但馬牛)の子牛を淡路島で育成し淡路食肉センターで屠畜した牛。平均的に脂肪交雑(しもふり)、光沢、締りなどが優れており、神戸牛、松坂牛等の素牛としても知られている。
お知らせ | comments (0) | trackbacks (0)

【第9弾淡路島牛丼パンフレット店舗情報変更】

淡路市志筑の「No.24 タイヨー珈琲」ですが、営業時間を変更しました。

月・火・木 11:00〜17:00(LO16:00)
金・土・日 11:00〜22:00(LO21:00)
牛丼提供は11:00からとなります。

ご確認ください。
お知らせ | comments (0) | trackbacks (0)

淡路牛ドッグのふるまい(冬咲きチューリップショー)

洲本市街地にある洲本市民広場では1月13日(土)から冬咲きチューリップショーが開催されます。オープニングセレモニーの後には先着300名に淡路牛ドッグの振舞いがあります。

「博愛・おもいやり」の花言葉をもつチューリップ。淡路島では冬の季節にも楽しむことができます。これは特殊な温度処理をした球根を、淡路島で植えつけて瀬戸内の温暖な気候の中で成長させることによるものです。


<冬咲きチューリップショー>
展示期間:1月13日(土)〜2月中旬
     (天候により開花が前後する可能性があります)
場所:洲本市民広場(洲本市塩屋一丁目)入場無料

<オープニングセレモニー>
開催日:1月13日(土)11:00〜
場所:洲本市民広場
内容:テープカット、洲本こども園園児による鼓隊とバルーンリリース
問い合わせ:0799-24-2001(一般財団法人淡路島くにうみ協会)
※当日先着100名に水仙の切り花、花の種、お子様には風船をプレゼント
≪オープニング後≫
・振舞い屋台村(洲本飲食組合、淡路島観光協会による豚汁、淡路牛ドッグなどのふるまい)先着各300名
・ふれあい産直市(野菜など販売)
・竹とあそぼう・体験しよう(竹笛作り、竹馬など)

寒さが厳しい季節ですが、淡路牛を味わいながら一足早い春の訪れをお楽しみください。
お知らせ | comments (0) | trackbacks (0)

【第9弾淡路島牛丼パンフレット店舗情報変更】

洲本市下加茂の「No.37 めん処もへいじ」ですが、11月30日から長期休業となりました。
再開は来年の春から夏の予定だそうです。
ご注意くださいませ。
お知らせ | comments (0) | trackbacks (0)

第9弾のポスターデザインは藤堂裕さん画!

お客さまからの淡路島牛丼に関する問い合わせがよくあります。
宿泊のお客さまにとって夜は宿で海鮮料理が出るので昼ごはんは淡路牛を食べたいとの要望が多いのです。

今回のポスターは今までのデザインから一新しました。

写真ではなくイラストに。

内容は牛丼のアップではなくて、島で出会いそうな農作業着を着たかわいいおばちゃんが食べているデザインに。

描いていただいたのは、『由良カラーズ』や『S -最後の警官-』を描いた藤堂裕さん。
藤堂さんは淡路島の由良出身です。

故郷への想いをこめて描いたこのポスターが貼ってあるお店は、
淡路島をふんだんに味わうことができる淡路島牛丼を作っているお店です。P1160098HP用.jpg
お知らせ | comments (0) | trackbacks (0)

グッドストックフェスティバルに淡路島牛丼出店します!

野外がすごしやすい時期になりました。
広々としたところで心地よい音楽を聴きながら美味しいものが食べられる
楽しいイベントが今週末に淡路島の夢舞台で開催されます。
イベント名:グッドストックフェスティバル
開催日時:10月1日(日) 会場11:00 開演:11:30 終演:18:30
場所:淡路夢舞台 野外劇場&芝生広場
料金:大人3800円(税込) 小中高生1200円(税込)
チケット販売:にこいちライブ、ぴあ。ローソン・e+などにて販売
神戸出身のアコースティックデュオの「にこいち」が主催するイベントです。
観光協会も淡路島牛丼を販売します!
にこいちがお勧めする音楽と食がギュッと詰まったこの季節にピッタリの
淡路島牛丼を気持ちいい野外で楽しめるこの機会に
是非お越しください!!
【グッドストックフェスティバル】
http://nikoichi.net/goodstockfes/
お知らせ | comments (0) | trackbacks (0)

淡路島牛丼第9弾 絶賛開催中!!

今年も淡路島牛丼第9弾がスタートしています!
今年は58店舗がそれぞれ個性豊かな牛丼を提供しています。

「牛丼」といっても“淡路島牛丼”は様々な調理法で作られており、店舗によってはステーキやしゃぶしゃぶ、ビーフカツやローストビーフなどと全く別の料理になっています。そんないろんな個性ある調理方法で淡路牛と淡路米、淡路玉ねぎを堪能できるのが“淡路島牛丼”なのです!

HPで58店舗をじっくりチェックして、その中で自分の好みに合ったお店を探すのもよし、たまたま遊びに行った近くのお店に飛び込むのも面白いかもしれません!

また、9月16日(土)からは『“御食国あわじ”島グルメラリー』が始まります。
『御食国ガイドブック 淡路島グルメ本2017』に掲載されている7つの“島グルメ”を食べるとスタンプを押してもらえます。このスタンプを集めて応募すると抽選で『宿泊券』や『特産品』などの豪華賞品が当たります。

淡路島牛丼ももちろん、島グルメに入っていますので、牛丼食べて豪華賞品ももらっちゃいましょう!!

島グルメラリーに関する情報はこちら
https://www.awajishima-kanko.jp/images/panflet/shima_gourmetlarry_2017.pdf
お知らせ | comments (0) | trackbacks (0)

第9弾 淡路島牛丼 加盟店募集!!

加盟店のご努力、関係各位のご支援ご協力をいただき、好評の中「淡路島牛丼プロジェクト」も本年で9年目を迎えます。
この度、第9期新規加盟店を下記要領において募集させていただきます。

《主  催》一般社団法人 淡路島観光協会

《募集期間》平成29年4月17日(水)〜平成29年5月13日(土)

《参加資格》
 仝什瀉枯島内で、飲食業を営んでいること。または近々開業予定の店舗
 淡路島牛丼の定義を満たし、3つの誓い(下記参照)を守ること

《負担金》 年間 15,000円

《申し込み》
 申込書に必要事項を記入の上、募集期間内に下記まで郵送またはFAXにてお送りください。

第9弾 淡路島牛丼 募集要項

第9弾 淡路島牛丼 申込書

《審  査》
 申し込み受付後、主催者にて、上記参加資格に適合しているかの審査を行います。

(お問合せ)
 〒656-0027 兵庫県洲本市港2番43号 洲本バスセンター内
  一般社団法人 淡路島観光協会 淡路島牛丼部会 事務局
  (担当者 福浦・北川・加藤)
  TEL 0799-25-5820 FAX 0799-25-5821

※「淡路島牛丼の3つの誓い」
一.私達は、美味しい牛丼を通じて淡路島の食材の素晴らしさをお伝えします。
二.私達は、美味しい牛丼を提供するために牛肉・玉ねぎ・米は淡路産を使用します。
三.私達は、牛丼を通じて淡路島の発展に寄与することを誇りに感じ淡路島のファン 
を増やします。

※「淡路島牛丼の定義」 お客様に提供する牛丼には、淡路牛又は淡路ビーフ、淡路島産玉ねぎ、淡路米、以上3点を必ず使用すること。

(参 考)
淡路牛とは、淡路島で生まれ育った、もしくは3カ月以上飼育した牛の総称で黒毛和種以外の和牛のほか、淡路島内で飼育されたものは全てどんな種類の牛であっても淡路牛と呼ばれます。よって国産和牛とホルスタインなどの国外品種をかけあわせた牛やホルスタイン種など国外の品種を淡路島で育成した場合もそれに含まれます。
淡路ビーフとは、和牛の中でも最高品質の黒毛和牛種の兵庫県産牛(但馬牛)の子牛を淡路島で育成し淡路食肉センターで屠畜した牛。平均的に脂肪交雑(しもふり)、光沢、締りなどが優れており、神戸牛、松坂牛等の素牛としても知られている
お知らせ | comments (0) | trackbacks (0)

淡路島牛丼パンフレット一部訂正があります

第8弾淡路島牛丼パンフレット『めん処 喜多野』の定休日が
毎週木曜日に変更となりました。
ご注意くださいませ
お知らせ | comments (0) | trackbacks (0)

第8弾淡路島牛丼パンフレットに一部訂正があります

第8弾淡路島牛丼パンフレット『IKOI Japanese cuisine』牛丼の提供時間が
11:00〜14:30(ランチタイム)のみに変更となりました。
ご注意くださいませ。
お知らせ | comments (0) | trackbacks (0)