トップページ こだわり食材

こだわり食材

淡路牛

畜産が盛んな淡路島。のどかな風土でのびのびと育った淡路牛は、まろやかな美味しさを醸し出し「島」の大自然を想像させるほど。中でも淡路ビーフは、サシが溶ろける柔らかで舌ざわりも良い。筋肉のうま味と脂肪の香りが微妙に溶け合う淡路牛は、高級黒毛和牛として愛され、神戸牛や松坂牛の素牛としても認められるほどです。

淡路島の玉ねぎ

温暖な気候と、畜産の副産物である堆肥による肥沃な土壌に恵まれて育つ「淡路島の玉ねぎ」は、種まきが始まる10月から収穫が始まる6月まで、約8ヶ月という生育期間を経てじっくり育成します。充分に完熟してから収穫し、さらに風通しのよい“玉ねぎ小屋”で自然乾燥をさせることで、辛味が少ない高糖度で繊維の柔らかな食感が特徴の玉ねぎとなります。

淡路たまねぎ
淡路米

淡路島の米"

淡路島の土は強い粘土質で米作りに適しており、古事記にもその歴史が伝えられるほど良質として知られています。豊かな自然と水、澄んだ空気に育まれた淡路米は、一粒一粒に艶があって白く輝き、モッチリとした食感、糖度・香りが高いのが特徴です。

淡路島牛丼とは